ゴージャスボールは福利厚生

びぶおふ!使用PT

昨日開催されたびぶおふ!の使用PTです。
結果は予選4-2、準決勝で負けて3位になりました。


使用PT

≪PT解説という名の箇条書き≫
・オフで流行ってる(?)らしい対面構築とか受けループを意識したメタ。

・メインは眼鏡スターミー。パッと見だと珠フルアタあたりだと思うので相手の選出が絞れる。

【相手の選出例】
・例えばバンギ、ノオーの耐久そこそこ+天候要員
 →コバルオンで殴る。ボルチェンで起点。タスキの可能性が消えれば眼鏡スターミーでも押し切れる。

・例えばスカーフ持ち 
 →鮫肌スカーフガブで刈る。今回は霊獣ボルトが引っ掛かったようです。
 この場合めざ氷でスカーフが固定されたので、後ろのウルガモスで起点にできた。


・先制技は?
 →スターミーはマッパ、礫、バレットが半減なのでそこまで怖くない。
 先制技が半減というだけでそのポケモンが選出されづらくなるので良いサイクル。
 今回ローブシン入りのPTと多く当たりましたが、トリル+ブシン以外の組み合わせでは選出されませんでした。


・受けループは?
 →ぶっちゃけ当たらなかったんでよくわかりませんが、コバルオンで牽制できたらいいなあと思ってます。
 パッと見特殊が多いのでエアームドも選出されにくそうです。たぶん。
 ラッキーはトリックで機能停止にしましょう。


≪個別解説≫
スターミー@拘り眼鏡 自然回復
ハイドロポンプ サイコキネシス 冷凍ビーム トリック

眼鏡ハイドロがとにかく強力。KP上位のポケモンより素早く弱点を付けるので重宝しました。

ハピナス@カゴ 自然回復
大文字 冷凍ビーム 毒毒 タマゴ産み

相手の耐久用に…と思ってましたが、結果として殴り合いになったので使用率低め。

水ロトム@オボン 浮遊
ハイドロポンプ ボルトチェンジ 鬼火 電磁波

小回りを利かせる予定が、脱出ボタンでストップかけられてままならないことに。
一応ドリュやグドラ対策だった…はずなんですが( ꒪ω꒪ )

ウルガモス@ラム 炎の体
大文字 虫のさざめき 蝶の舞 羽休め

スターミーのトリック起点も考慮して、眼鏡込みの攻撃を耐えられるように羽休め

ガブリアス@拘りスカーフ 鮫肌
逆鱗 ダブルチョップ 地震 寝言
とりあえず殴ってたら勝てた。鮫肌恐るべし

コバルオン@格闘ジュエル 正義の心
インファイト ストーンエッジ めざ氷 ボルトチェンジ

格闘ジュエルが発動すると割と驚かれることが多かったり。
元々はナットレイorヒードランを倒すためでしたが、あまり当たらなかったので効果的かどうかは不明

≪使用率≫
スターミー 8回/8試合 脅威の100%選出。ぶっちぎりのエース。
ガブリアス 7回/8試合 とんぼで逃げても鮫肌ウマー
ウルガモス 4回/8試合 スターミーへの電気技、ガブへの氷技で起点にしやすいところが多々。
ハピナス  2回/8試合 バンギブシンの多いブロックだったので(震え声
コバルオン 2回/8試合 ボルチェンをもっとうまく使えれば…
水ロトム  1回/8試合 不遇枠。トルンさんの眼鏡グドラで出落ちした時だけ。

≪大会のKPについて(おまけ)≫
ガブリアス 10 →冷凍ビーム
ウルガモス 9 →ハイドロ
ローブシン 9 →サイキネ
クレセリア 7 →ハイドロorトリック
バンギラス 7 →ハイドロ
ハッサム 7 →ハイドロ
カイリュー 6 →冷凍
霊獣ボルトロス 6 →冷凍
キノガッサ 5 →冷凍
メタグロス 4 →ハイドロ

KP上位10匹がこれです。
クレセ以外ほぼスターミーが刺さってると見ていいでしょう。
もっともクレセを後出しするようなプレイングだとハイドロ直撃した時に立て直しが効かなくなる恐れありです。

というわけで密かに目標にしていた「スターミーの強さをアピールする」は達成されたのではないでしょうか。
3位決定戦のトリトドンも眼鏡サイキネで受からなくなりましたし。その場で見てないと伝わりませんね。

長々と書きましたが主催のトルンさん並びに参加した皆さん、お疲れ様でした!
スポンサーサイト